2017年5月25日木曜日

工業

   工業

洫(いぢ)川を埋め
湿地の葦を刈り
痩せた田畑を覆へし
住宅を倒し
未来の工場地帯は海に沿うて果しなくひろがつてゐる。
工業の悪はまだ新しく
それはかれらの老い朽ちた夢よりもはるかに信ずるに足る壮大な不安だ。

私は見た。
どす黒い夕焼の中に立つて
もはや人間や鳥どもも棲めなくなつた世界は。

またいい。


「洫」は、田畑の外わくをなすみぞ、通水路。

カルテル結成や大量解雇を含む合理化で、1929年(昭和4)恐慌を切り抜けると、軍需に支えられた重化学工業が発展。日中戦争前年には重化学工業の生産が軽工業を追い越し、戦時体制下、中小工場まで軍需生産に総動員されるようになりました。農業への重税と「女工哀史」に象徴される低賃金が、軍需と植民地市場依存型の「工業」の発展を可能にしました。

*小野の複眼は工業の悪を「信ずるに足る壮大な不安」と呼ぶ。人間も鳥も棲めなくなった世界を見て「またいい」という。なぜか。ここで公害問題や経済高度成長などをもちだしてみても、それは意味がない。このような意図的反語を正確に理解するためには、どうしても小野の「夢」を、「夢」を支える「複眼」を知悉する必要がある。小野が重工業を讃美していると単純に考えてはならない。「工業について私が知るところは、それはいま何かのアンチ・テーゼだということだ」と小野は『詩論』43で記している。「いま」何かのアンチ・テーゼなのだ。これはまさに自覚された「偏向」といえる。
「詩とは偏向する勁さのことだ」と小野は『詩論』89で記しているが、その「偏向する勁さ」である。戦争の悪寒のただなかにあって「歌」を
抒情」を「精神主義」を
自然観照」を徹底的に憎悪し、むしろ「物」に「葦」に「工業」に執することを自らに課する勁さである。《安》

0 件のコメント:

コメントを投稿