2017年7月21日金曜日

重油富士

   重油富士

晩の十時に
こちらを発つと
あすこを通るのは
ちょうど夜あけがただ。
夏も冬も
富士はもういやほど見ているからめずらしくはないが
それでも雨がふっていたり
曇っていて見えないとさびしい。
このあいだはつつぬけの快晴だった。
頂上までよく見えた。
急停車のショックで
眼がさめたら
この野郎なんと妙なところにいたな。
ネバダ州だ。
横腹に
日本陸運産業ジェットガソリンと文字がはいった
大型油槽貨車の円蓋の上に
白扇逆しま。


「日本陸運産業」は、昭和21年(1946)に設立された物流会社。石油製品・化学品の輸送・保管を中心に、国内・国際物流を展開、輸送容器のリース・レンタル・販売も手がけています。本社は東京都千代田区神田錦町。平成20(2008)年に、株式会社日陸という社名に変更されました。

「ジェットガソリン」は、ジェット機用の航空燃料。主として灯油と重質ガソリンとの混合物が用いられます。

「白扇逆しま」は、下にあげる石川丈山の詩「富士山」の一行「白扇倒に懸かる」によるもので、富士山が雪に覆われてそびえている姿を形容しています。

仙客来り遊ぶ 雲外の巓
神龍栖み老ゆ 洞中の淵
雪は紈素の如く 煙は柄の如し
白扇倒に懸かる 東海の天

*眼がさめて見た富士はアメリカへひっこしていた。いやアメリカが富士の裾野へ乗りこんできている。戦争のための重油を運ぶ貨車の円蓋の上に切りとられたように妙に小さく鮮明に乗っている富士山を見たときの怒りが「白扇逆しま」という一句に凍りついている。「この野郎なんと妙なところにいたな」という一行には心の揺れの幅が巧みに反映している。タイトルポエムにふさわしい作品である。《安》

0 件のコメント:

コメントを投稿